トリックの仕方

トリックの仕方

中級、上級者向けにトリックの仕方をレクチャーいたします。
基礎が出来たら練習しましょう!!

by skatecyclemonkeys

How to Trick SkateCycle

オーリー

同じシーンをスロー再生してますので、動きをご確認ください。
スケートサイクルはスケートボードやスノーボードと違い、板の反発が無いためオーリー­と言うよりはジャンプですね。
しかし前後脚の踏み切りでオーリー、ノーリーっぽくスタイルをつけられます。
1 バランスを保ちしっかりしゃがむ。
2 空中でも脚を胸に付けるように畳む。
3 着地は脚でクッションを付ける。
※スタンスは両脚全開で前後足小指側でロック!

フロントサイド180°

1 スイッチターンの動作で初めは少しずつ跳び感覚をつかみましょう。
2 徐々に高さを出していく。跳び上がった瞬間から回しにかかり、頂点でしっかり脚をたたむ。
3 フェイキーが完璧でない場合はスイッチターンでノーマルスタンスに戻しましょう。
※オーリー同様、跳ぶ前にバランスを保ちしっかりしゃがむ。着地もクッションを付ける。
※スタンスは両脚全開で前後足小指側でロック!

バックサイド180°

説明はフロントサイド180°と一緒です。
B/S180°の場合は目線が一度後ろ向きになるので、空中や着地での身体のブレに注意しましょう。
※ブレやすいのでスタンスロックの外れにも注意!

テールマニュアル

1 捲れが恐いのでいつでも後ろ足つま先でブレーキを掛けられるようにしておきましょう。
2 徐々にハマる角度がつかめるようになるので、上半身のバランスをこまめにとりキープ­しましょう。
※スタンスは後足は小指側でロック、前足は甲でプラットホーム内を引っ掛け上げる!
直接前脚を上げても構いませんが、私はテールタップからマニュアルに入った方がやりやすいです。

フロントサイド360°

今回も段階的に説明します。
1 初めは90°ターン+F/S180°+ 90°ターンとずらして360°の感覚をつかみましょう。
2 F/S270°+90°ターン。
3 遠心力と高さを利用し空中で360°回す。
※スタンスは脚を開き前後ロック。
※遠心力を付けるためにタイヤヒールショルダーで乗り跳び溜める。バランス注意!

バックサイド360°

1 F/S360°同様にトリック前後の90°をずらす練習から始めましょう。
2 B/S270°+90°ターン
3 遠心力と高さを利用し空中で360°回します。
※遠心力を付けるためにタイヤトゥショルダーに乗り跳び溜める。バランス注意!
※B/Sは発動直後、後ろ向きになるので身体のブレにも気をつけましょう。

ワンフットテールグラブ

耐えるだけのシンプルなトリックです。
テールフェンダーを掴み足を放したら、真っ直ぐ広げるように腕に力を入れましょう。
足を戻すときに散らかりやすいです。

ノーズマニュアルtoテールタップ

ノーズマニュアルは捲れると対処できないので徐々に角度をつけましょう。
ハマる角度が分かったら両腕を伸ばし腰を中心にバランスをとります。
抜けでテールを下ろすよりも、テールタップを入れるとオシャレになりますね。

テールタップリワインド

B/S90°でテールを接地させ、走行姿勢に戻します。
出来るだけノーズと地面を放しましょう。

オーリー
フロントサイド180°
バックサイド180°
テールマニュアル
F/S360°
B/S360°
ワンフットテールグラブ
ノーズマニュアルtoテールタップ
テールタップリワインド
SkateCycle at morning